自動改札機も日本人の発明

f:id:japanfather:20211205144834p:plain

 

f:id:japanfather:20220111190932p:plain

 

f:id:japanfather:20220201022925p:plainf:id:japanfather:20211129194943p:plain

 

f:id:japanfather:20211201164518p:plainf:id:japanfather:20211129191105p:plain

 

 小さな切符に小さな印を1つ1つ付けたり小さな切符を1つ1つ受け取っていた親切なお兄さんお父さんはもういない。もうおはようございますやおやすみなさいも聞こえて来ない。人がたくさん来た時は待たせないようにと素早く切符に印を付けたり素早く切符を受け取っていたのがかっこよかった。このような素晴らしい親切は自動改札機という素晴らしい技術に変わった。自動改札機によりもうほとんど改札口が混むことはない。自動改札機は切符をどのような方向で入れてもいい。切符を奥まで入れなくてもちょっと入れるだけでいい。自動改札機は切符を素早く受け取り1秒以内に扉が開いたり切符が出て来る。技術とは親切である。親切とは親から愛を受け取ることを断ち切り愛を与えることである。愛を与えた時は愛を受け取った時よりも愛を得る。愛を与えた時に得る愛はすぐに得ることができるとは限らないし後になって愛だったとわかることもある。自動改札機はいつどのような時も愛を与える。自動改札機からはいつどのような時も愛を受け取ることができる。
 今の切符は磁気カードのようなものである。磁気カードは翳すだけでいいカードではない。だから今の自動改札機は翳す機構だけではなく切符を受け取り切符を出す機構も搭載している。切符を受け取り切符を出す機構は磁気テープレコーダーのようにモーターなどの回転部品を搭載などで構造が非簡素で部品が多く修理も少なくない。将来切符もICカードのようなものになると自動改札機は翳す機構だけを搭載になる。翳す機構だけを搭載の自動改札機はICレコーダーのように回転部品を非搭載などで構造が簡素で部品が少なく修理も少なく薄くて小さい。世界初ICレコーダーは昭和58年1983年登場服部金太郎精工舎ボイスノート腕時計である。世界初ICレコーダーはポータブルレコーダー単体ではなく腕時計というポータブル時計と一体のレコーダーの理由の予想は世界初液晶テレビはポータブルテレビ単体ではなく腕時計というポータブル時計と一体のテレビの理由の予想と似ている。世界初ICレコーダーは最大録音再生時間8秒。世界初液晶テレビは画面の大きさ1.2形。世界初ICレコーダーはポータブルレコーダー単体ではなく腕時計というポータブル時計と一体のレコーダーの理由は「ICレコーダーという大発明を録音再生時間の長さで大発明に感じないものにしたくなかった」ということだろうし世界初液晶テレビはポータブルテレビ単体ではなく腕時計というポータブル時計と一体のテレビの理由は「液晶テレビという大発明を画面の大きさで大発明に感じないものにしたくなかった」ということだろう。なぜ世界初ICレコーダーは録音再生時間が短く世界初液晶テレビは画面が小さいのか。最初はもっと長くもっと大きくできなかったからだろう。このことができてから出してもいいができなくても十分で十分どころか世界初にもなる形の腕時計形レコーダー腕時計形テレビとして出した発想は素晴らしい。当時腕時計という小さな装置にレコーダーやテレビがついてることを想像した人はいなかっただろう。世界初ICレコーダーは世界初回転部品不使用レコーダーでもあり当時世界最小レコーダーでもある。ICレコーダーは記録再生できるICを搭載の装置である。世界初記録再生できるICを搭載の装置は昭和51年登場山崎亀吉シチズンCRYSTRONーLCアラーム(デジタル腕時計)である。この腕時計は「世界初電子音アラーム腕時計」「世界初アラーム機能付きデジタル時計」「世界初アラーム機能付きデジタル腕時計」でもある。この腕腕時計は記録ができないからレコーダーではない。アナログ時計は歯車という機械で時間を表示し歯車と連動し音を出す部分を振動し音を出すことができる。デジタル時計は電子で時計を表示し歯車不使用だから電子で音を出すしかない。液晶の発明はデジタルの発明や薄くて持ち歩くことのできるテレビの発明に繋がっただけではなく記録再生できるICの発明そしてフラッシュメモリの発明にも繋がった。服部金太郎精工舎は昭和53年にシチズンCRYSTRONーLCアラームに搭載の記録再生できるICよりも大容量でピピッという音だけではなく音楽(メロディ)も記録再生でき3種類の音を記録再生できるIC「SVM7910メロディIC」創造。世界初SVM7910メロディICを搭載の装置は昭和53年登場服部金太郎精工舎メロディア置時計である。ボイスノート登場以前の記録再生できるICを搭載の装置は再生はできるが記録(録音)はできなく予め記録してある音を再生の装置だけだった。ボイスノート登場以前はICプレーヤー(再生専用装置)はあったがICレコーダー(記録再生装置)はなかった。インターネットを使用はICレコーダーを使用のようなものである。インターネットで受信したものはフラッシュメモリというICに記録し再生している。

 

f:id:japanfather:20211214134532p:plain「わいも夕日を見るん見るん~」「夕日はんはすぐ行ってしまうさかい急がなあ」「すいすいすい~」

 

 今回の写真の撮影地は大自然皇居。皇居の素晴らしい夕日を眺めていたら白鳥も花が咲いたように羽を立てながら夕日を眺めに来た。白鳥は素晴らしい景色をもっと素晴らしい景色にした。美しい夕日や夕焼けは1日を讃える神の贈り物。1日という舞台の幕下り。神からの明日への励まし。水面に映る日本のお城の外壁と石垣の曲線は船の先頭の曲線に似ている。日本のお城は世界へ出航していく動くお城。

 

f:id:japanfather:20220112201907p:plainf:id:japanfather:20220201030739p:plain

 

f:id:japanfather:20211129200057p:plain

 

 外国人は日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。
 外国人は日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本人の会社に何十年勤務しても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。
 外国人は日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。
 外国人は日本に帰化しても日本の日本人用の学校の校長や教頭などの責任者になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の出入国管理局の職員になることはできません。
 帰化してもなることができない理由は侵略の為の帰化であることも考えられるからです。日本に帰化したら全て純粋な日本人と同じことができるようになるわけではないのです。首相や国会議員や県議会議員になりたい外国人は自分の国に住んで自分の国の首相や国会議員や県議会議員になって下さい。フィリピンの国会にロシア人の国会議員がいるでしょうか。ロシアの国会にフィリピン人の国会議員がいるでしょうか。イギリス人とアメリカ人は見た目が似ていてもイギリスの国会にアメリカ人はいないですしアメリカの国会にイギリス人はいません。国会は国際交流の会ではありません。でも首相や国会議員をやることが人間として最も価値のあることではないのです。
 ソニーにパナソニックの社員がいるでしょうか。パナソニックにソニーの社員がいるでしょうか。1年2組の教室に1年3組の生徒がいるでしょうか。1年3組の教室に1年2組の生徒がいるでしょうか。あなたは1年3組の生徒だから1年2組の教室で学ぶことはできませんということを差別と言う人がいるでしょうか。自分は好きで1年3組の生徒になったのではないとしても1年3組以外の生徒になることはできないのです。自分は好きで佐藤家に生まれたのではないとしても佐藤家以外の人になることはできないのです。他の学校に転校したら1年3組以外の生徒になることができたり他の家の養子になったら佐藤家以外の人になることができますが以前は1年3組の生徒だったということや以前は佐藤家の人だったということは変えることができないのです。
 どこの国の人も自分の国ではない国に入る時はパスポートを提示し国籍を提示しないと入ることができません。自分の国ではない国から自分の国に入る時もパスポートを提示し国籍を提示しないと入ることができません。国籍を提示は差別だと言っても国籍を提示しないと入ることができません。
 日本の組織に外国人が侵入しないように議員や教員や店員などの全ての職員の国籍をパスポートもしくは戸籍謄本で確かめましょう。創業者の子孫ではない社長の国籍も確かめましょう。創業者の子孫でも養子の場合は国籍を確かめましょう。結婚においても相手の国籍をパスポートもしくは戸籍謄本で確かめましょう。