雨ニモマケズ 防水ヘッドホンも日本人の発明

🇯🇵 日本人 宮沢清六 弟 左 右 兄 宮沢賢治29歳

蝶 アサギマダラ 

    文学と科学

    世界初防水ヘッドホンは昭和58年1983年2月21日登場「井深大盛田昭夫ソニーWMーF5世界初防水オーディオ」に付属のヘッドホン「MDR-E255」です。

    水は通らないが音は通る

    防水マイクと防水スピーカーはMDR-E255登場前からあり、世界初防水マイクは昭和49年1974年登場「井深大盛田昭夫ソニーF-115」だと思いますが、スピーカーはマイクにもなるためマイクとスピーカーは同じですから、F-115登場後に防水スピーカーが登場したと思いますが、スピーカーはマイクと違い固定装置ですから、スピーカーそのものが防水仕様ではなくても庇を設置し水が入らないようにしたら防水スピーカーになり、今はMDR-E255のような大きさどころかMDR-E255よりも小さいマイクは有りますが、MDR-E255登場当時はMDR-E255のような大きさのマイクは無く、ヘッドホンは超小形のスピーカーですから、MDR-E255は「ヘッドホンの防水化」ではなく「防水マイクや防水スピーカーの超小形化」をした製品と言えますが、世界初ウォークマン昭和54年1979年7月1日登場前は「ヘッドホンは屋外で歩きながら聴くものでもある」という概念や発想が無く「ヘッドホンは大きい音を出すことができない時に使うものである」という概念だけだったため、世界初防水ヘッドホン登場は世界初防水マイク登場の9年も後だったと思います。

    地球は色彩の惑星

    最初、MDR-E255は単品の販売がありませんでしたが、WMーF5登場の8ヶ月後に世界初単品防水ラジオで世界初スポーツFMウォークマン「SRF-6」登場と同時に単品の販売が登場、WMーF5のMDR-E255は黒色だけでしたが、単品のMDR-E255は黄色、更に、単品のMDR-E255は丸いプラスチックのケースが付属しケースも黄色、SRF-6のMDR-E255はSRF-6と同じ「黄色」「黒色」「青色」「赤橙色」の4色、MDR-E255のケースは昭和57年1982年登場の世界初インナーイヤー形ヘッドホン「MDR-E252」のケースのようなコード巻き取り回転盤がついてるケースではありませんでしたが、昭和60年1985年登場スポーツウォークマン第2号WMー75とWMーF75と同時に登場の防水ヘッドホン第2号の単品のMDR-E265のケースはコード巻き取り回転盤がついてるケースになり、色も「黄色」「青色」「赤色」「鼠色」「白色」の5色に増えました。コード巻き取り回転盤がついてるヘッドホンケースは回転盤と巻き取り部分がどの位置でも合いどの位置でも巻き取ることができるように細かい溝を施してあるのも素晴らしい発想です。

 

 

🇯🇵 日本人男性 画家  海北友松  かいほうゆうしょう  山水幽遠

    井深大盛田昭夫ソニーは防水オーディオと防水ヘッドホン創造後も「カセットケースサイズ」「太陽電池内蔵」「無線ヘッドホン」のポータブルオーディオを創造、次々と人類の夢を実現していきます。世界初無線ヘッドホンポータブルオーディオ「井深大盛田昭夫ソニーWMー505」昭和63年1988年登場。WMー505登場前から無線ヘッドホンはあり、世界初無線ヘッドホンは昭和53年1978年登場「井深大盛田昭夫ソニーDR-60TX」ですが、