世界一の香水も日本人男性の発明

 

    父は薫りを創造した

    地球は水の惑星。地球は色彩の惑星。地球は薫りの惑星。神は、美しい植物に美しい薫りも創造。なぜ、私たちの父なる神は、美しい植物に美しい薫りも加えたのでしょうか。美しい植物だけでも十分ではないでしょうか。更に、美しい植物と美しい薫りに美しい蝶も創造。更に、美しい空、美しい雲、美しい水流、美しい水流の音、美しい鳴き声も創造。なんと素晴らしい世界。なんと素晴らしい神の配慮。地球は神の愛の惑星。

 

    地球は創造の惑星

    人間もそうです。人間も、いい音にかっこいい意匠も創造。なぜ、人間も、いい音にかっこいい意匠も加えたのでしょうか。オーディオはいい音だけでも十分ではないでしょうか。更に、ポータブルオーディオ、防水オーディオ、防変オーディオ、充電式ポータブルオーディオ、音質変換装置(グラフィックイコライザー)搭載オーディオ、音質不変オーディオも創造。更に、かっこいい屋根、かっこいい柱、かっこいい照明、かっこいい家具、乗り物、機械、電気製品も創造。聖書には「男は神の形であり栄光である」とあります。防変装置とは「誤使用による変形などの変化を防ぐことのできる強い筐体の装置」で、防変装置は樫尾四兄弟カシオG-SHOCKが有名、最近では、古河市兵衛富士通がソリッドコア構造(固体で単体のような内部構造)による防変ノートパソコンですが世界最軽量13.3形ディスプレイで634gノートパソコンを創造。

 

   

    いつでもどこでも良い香りを体験したい、ということで、人間は香水も創造。今、日本人は香水の分野においても世界一です。今、世界一の香水は平成17年2005年登場の日本人の会社の香水「福原有信資生堂MENオードトワレ50ml」です。掲載した写真の透明の丸いものが資生堂MENオードトワレ50mlです。薫りの分野も実に芸術性が高くお洒落で面白いです。薫という字の4つの点は「光や匂いなどを放つ」という意味でしょう。香水は時に個性が強く感じますが、男の社交場においては最高の交流をもたらすでしょう。実は、香水も男のものなのです。アロマの分野も男が開拓したのです。

 

    世界初三拍子揃った香水

    資生堂は1848年5月10日誕生の日本人男性の福原有信が明治5年1872年に創業した日本人の会社です。資生堂につきましては日本父祖発明意匠では令和4年2022年6月2日「祝日本人資生堂150周年」でも記載。資生堂MENオードトワレ50mlは「香り」「容器」「価格」三拍子揃った香水、確かに、香りの強度と持続時間はオードトワレ、しかし、不思議と、オードパルファムのように香りが残り、残る香りも素晴らしいです。

 

    

    最初、資生堂MENオードトワレ50mlの香りを店で試した時、他の香水との違いを感じましたが、買ってみて、使う度にもっと違いを感じました。完全に納得した香水はこの香水が初めてで、日本人は香水の分野においても世界一だと思いました。資生堂MENオードトワレ50mlは「活力ある香りだがどこか冷静で自然な香り」「世界に通じる香りだが時に日本の香り」「シトラス系でもウッディ系でもムスク系でもフローラル系でもある香り」「高級な香り」です。

 

    世界初完全円形香水

    香水は容器もお洒落ですが、資生堂男性用オードトワレ50mlは、大きな水滴のような、或いは、透明な惑星のような丸い容器、香水の液が入っている部分とキャップの部分が同じ大きさということも珍しく、周囲の景色がよく映ったりCDのように虹色にも映る容器で、なぜか、幾どの香水は容器とスプレーを分離できませんが、資生堂のはでき、資生堂男性用オードトワレ50mlは、香水の液を吸い上げる管がとても細いことにも驚きますが、とても細い理由は、容器の意匠に影響がないようにしているからでしょう。

 

 

    資生堂男性用オードトワレ50mlはディオルやシャネルの男性用香水よりも香りが良く、容器もかっこいいですが、ディオルやシャネルよりも低価格です。更に、資生堂男性用オードトワレ50mlは「肌に影響が無い」「男性ホルモンに影響が無い」「無色透明だから淡色の服に付いても色が残らない」「意匠箱に入っている」という特徴もあります。ディオルとシャネルの香水は肌に影響が有りましたが、資生堂男性用オードトワレ50mlは肌に影響が無く、資生堂の肌に影響が無く肌にいい技術は日焼け止めにおいてもそうで、本当に資生堂の技術は素晴らしいですし、無色透明の香水は意外と少ないです。箱に入っている香水は多くても、箱に記載の文字は意匠を施していても、箱そのものには意匠を施していないことが幾どですが、この香水は箱にも意匠を施し、本体と同じく円に2辺の直線を施した意匠です。

 

 

    資生堂男性用オードトワレ50mlは、なぜか、今は、男性用製品を販売している資生堂の店なら男性用香水も販売しているとは限らなく、男性用香水も販売していてテスターも用意していても、店先には出していないことが幾どで、東京銀座の2軒の資生堂の路面店では男性用香水も販売してテスターも用意していますが、この店でも店先には出していません。外国では、香水と同時に香水と同じ香り同じ意匠のシャワージェルも製造していることが多く、バスタブで洗うよりもシャワーで洗う方が簡単に速く洗うことができますが、シャワージェルとは体と同時に髪の毛も洗うことができ簡単に速く洗うことができる液体石鹸で、髪の毛も洗うことができる液体石鹸ですからシャワージェルは男性用で、シャンプーが無くてもいいので携帯用や旅行用でもあります。

 

 

    資生堂は香水のシャワージェルを製造していませんが、無香料の液体石鹸に香水をスプレーしたり香水の液を入れると香水のシャワージェルになります。香水は身体の芳香だけではなく室内の芳香としても使用できます。良い香水を室内の芳香として使用した際は素晴らしい幸福感をもたらします。香水は肌に付着して使用のものとして作っているため、肌に合う香水ならシャワージェルとしても使用できますが、室内用の芳香も少しは肌に付着しても大丈夫ですが、室内用の芳香は肌に付着して使用のものとして作っていないので、香水のような香りの室内用芳香でもシャワージェルとしては使用できません。陶器製や硝子製の台などの上で香水の瓶などの重くて硬いものを使用の際は、このようなものをこのような台などに落とさないように注意しましょう。日本人は民族衣装においても世界一、特に「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」「帛御袍(はくのごほう)」は素晴らしい意匠でかっこいいです。日本人はこのような素晴らしい意匠をどうやって思い付いたのでしょうか。きっと、日本人の創造した素晴らしい意匠は、人間だけで創造したのではなく、生きている人間だけで創造したのでもなく、神と先祖が一緒に創造した意匠なのでしょう。