霊覚(非触覚)も日本人の発明

f:id:japanfather:20211215095539p:plainf:id:japanfather:20211225194046p:plainf:id:japanfather:20211225194626p:plain

 

f:id:japanfather:20211218135529p:plain

 

f:id:japanfather:20211219072225p:plain

 

f:id:japanfather:20211215212908p:plain

 

 未来の腕時計は「録音」「発電」「電話」「視聴」「乗車」「購買」もできる

 改札機に切符やカードを入れなくても改札機に切符やカードを触れなくても改札機に切符やカードを近づけただけで改札機に切符やカードを翳しただけで改札を通ることができたら「改札機に切符やカードを入れる動作と入れた切符やカードを受け取る動作の2つの動作をしなくていい」「切符やカードを入れなくてもいい改札機はICレコーダー(フラッシュメモリレコーダー)のように動力機構不使用で部品が少なく簡素構造だから機械全体を薄く小さくできるし点検や修理も少ない」ということで誕生したのが①「交通機関用霊覚カード(非触覚カード)」と②「交通機関用霊覚カード(ICカード)読み取り書き込み装置(再生記録装置)」です。改札は自動改札機に進化しましたが、自動改札機も非触覚改札機に進化しました。しかし、今のところIC切符はなく、今のところ切符は改札機に入れて受け取らないとならないですが、日本人は平成11年1999年に世界で初めて③「公衆電話用ICカード(ICテレホンカード)」と④「公衆電話用ICカード読み取り書き込み装置(ICカード公衆電話)」も発明、③は切符のように薄かった、だから、切符のように薄いICカードを作る技術はできている、更に、薄さだけではなく大きさも切符大にできたらIC切符も登場し、切符も翳すだけで良くなるでしょう。今の改札機は「②(翳す機構)」だけではなく「動力機構(切符などを入れて出す機構)」もあるため、今の改札機は昔のレコーダー(テープレコーダー)のように部品が多く簡素構造ではありません。今の時代にテープレコーダーの構造を見ますと、昔のレコーダーはこんなにたくさんの部品を使用していたと驚きますが、驚くのは技術の進化だけではなく、たくさんの部品を使用しやっと音や映像を記録再生できるようにした知恵と苦労も驚きますし、この知恵と苦労にお礼を申し上げたい気持ちになります。④は世界初電話機にカードを入れなくても電話機にカードを置くだけで電話ができるカード公衆電話で、最初、カード公衆電話は硬貨も使用できる機種だけでしたが、カード公衆電話とテレホンカードの普及により、⑤「硬貨を使用できない(カードのみ使用できる)カード公衆電話」も登場、⑤は硬貨を出す動力機構と硬貨を溜めておく部分がないから小形ですが、硬貨を使用できない④はこの機構とこの部分がないだけではなくカード入出の動力機構もないからもっと小形で、硬貨を使用できない④は世界最小世界最薄公衆電話です。僕は初めて硬貨を使用できない④を見た時、公衆電話がとても薄くなったと驚きましたし、たぶん世界で最も薄い公衆電話だろうと思いましたし、カードを入れるではなくカードを置くから薄くできたと思いました。③は④に「翳す」ではなく「置く」ですが、③も非触覚カードです。②に①を翳すと、②は①の残量の読み取り(再生)を行うと同時に②は①に新しい残量の書き込み(記録)を行います。この2つを行う速度(②に①を翳した際の反応速度)はなんと0.1秒。①にはCDやカードフラッシュメモリ(SDカード)と同じく電池がありません。①②は日本人の会社のソニーが発明し、ソニーは霊覚カードをFeliCa(フェリカ)と命名、しかし、日本人は①②の実用化を日本ではなく香港で行いました。世界初①は「香港八達通OCTOPUS(オクトパス)」です。世界初②は「香港八達通OCTOPUS読み取り書き込み装置」です。世界初①②は平成9年1997年登場。日本初①は「平成13年登場Suica」です。今、FeliCaは日本と香港だけではなく、世界で活躍しています。日本人は昭和63年1988年に⑥「写真記録用ICカード(カードSRAMメモリ)富士フイルムFUJIXーMCー1P」と⑦「写真記録用ICカード記録装置(ICカードカメラ)富士フイルムFUJIXーDSー1P」を発明。⑥は「世界初写真を記録できるカード」です。⑦は「世界初ICカード(SRAMカード)カメラ」「世界初デジカメ」です。最初、⑦のような現像しなくても撮った写真を見ることのできるカメラを「スチルビデオカメラ」と表現していました。スチルビデオカメラと表現していた理由は、スチルビデオカメラはビデオのスチル画像(静止画像)を応用したからです。ビデオのスチル画像を応用した理由は、ビデオは現像しなくても撮った動画を見ることができビデオのスチル画像は動画ではなく写真のようであるからビデオのスチル画像を応用したら現像しなくても撮った写真を見ることのできるカメラになるからです。世界初スチルビデオカメラは昭和56年登場⑧「ソニーMAVICA(マビカ)」です。⑦⑧はディスプレイと再生機構を搭載していないので、カメラ単体では写真を見ることができませんが、日本人はカメラというポータブル装置(小形の装置)にディスプレイを搭載できる薄形ディスプレイ(小形のディスプレイ)の液晶ディスプレイと小形の再生装置を創造し、平成7年1995年に世界初ディスプレイと再生機構を搭載のカメラ⑨「カシオQVー10」を創造。⑨は世界初撮った瞬間に写真を見ることのできるカメラでもあります。日本人は今では当たり前の「撮った瞬間に写真を見ることのできる夢のカメラ」も実現しました。しかし、⑥の容量はなんと2Mバイト。2Gバイトではありません。今では信じられない容量です。更に、SRAMメモリは小容量、⑦は1枚の⑥に写真を10枚しか記録できません。しかし「カードなら交換できる」「⑥は薄くて小さい」「写真をカードに記録できるカメラを作ってみたい」ということで⑥⑦が登場したと思います。⑧は写真をフロッピーディスクに記録、⑧は1枚のフロッピーディスクに記録できる写真50枚。フロッピーディスクもカードと言えないこともないですが、フロッピーディスクはカード形ディスクです。しかし、日本人はSRAMメモリより大容量のフラッシュメモリを発明し、平成5年1993年に⑨「写真記録用カードフラッシュメモリ富士フイルムFUJIXーIMー16F」と⑩「写真記録用カードフラッシュメモリ記録装置(フラッシュメモリカメラ富士フイルムFUJIXーDSー200F)」を創造。⑨の容量は16Mビット、1Mビット=0.125Mバイト、0.125の16倍で2Mバイトで⑥と一緒、大きさも⑥と一緒、しかし、⑨はフラッシュメモリ、だから、⑩は1枚の⑨に写真を40枚記録できます。⑨は世界初カードフラッシュメモリです。⑩は世界初カードフラッシュメモリレコーダーです。写真を記録できる装置もレコーダーと言えます。しかし、レコーダーはほとんど「音を記録できる装置」「映像を記録できる装置」です。日本人はカードフラッシュメモリという大容量のICカードを創造したことで、平成8年1996年に⑪「音楽録音用あるいは音声録音用カードフラッシュメモリ」と⑫「音楽録音用あるいは音声録音用カードフラッシュメモリ録音再生装置(ICカードレコーダー三洋電機MRーIC1)」を発明。⑪は「世界初音を記録できるICカード」「世界初音を記録できるフラッシュメモリ」「世界初音を記録できるカードフラッシュメモリ」です。⑨は「世界初音を記録できるフラッシュメモリレコーダー」「世界初音を記録できるカードフラッシュメモリレコーダー」です。⑪の容量も2Mバイト、しかし、⑪もフラッシュメモリ、だから、⑫は1枚の⑪に音を46分記録できます。⑪の大きさは⑥⑨より少し大きく、カセットテープと同じ位の大きさです。世界初カードレコーダーで世界初磁気カードレコーダーでもあるレコーダーは昭和55年1980年登場⑬「ソニーCPー2000トーキングカード」です。しかし、⑬は音を記録できる時間がとても短いので音楽録音用ではなく、ある程度長時間の音声録音用でもありません。日本人は⑪⑫を創造した年にもう1つ音を記録できるフラッシュメモリレコーダー⑭「ソニーICDー50」を創造。⑭は16分しか録音できませんが、⑭は⑫より小形で、⑭はテープやカードなどのメモリを装着し録音の「装着メモリレコーダー」ではなく、メモリを内蔵しているから何も装着しなくても録音できる「内蔵メモリレコーダー」で、⑭は世界初内蔵メモリレコーダーです。日本人は昭和58年1983年に世界初内蔵メモリレコーダー⑮「精工舎ボイスノート腕時計」を発明、しかし、⑮は8秒しか録音できないので、⑭も世界初内蔵メモリレコーダーと言えます。しかし、⑮は世界最小「スピーカーを搭載のレコーダー」です。⑭⑮は意匠も本当に素晴らしいです。最高の意匠ですが最高の操作性であることも日本人ならではの配慮が窺えます。⑮は腕時計本体の左寄りにベルトを設置したことや左寄りに設置し右側が空いたから本体付近のベルトの右側を曲線にして幅を広くしたことも素晴らしい発想で素晴らしい個性です。⑭⑮もICレコーダーでもあり、⑭以後のICレコーダーはフラッシュメモリレコーダーでもありますが、⑮は世界初ICレコーダーで⑮はICレコーダーですが、⑮は小容量で8秒しか録音できなく、⑮はフラッシュメモリレコーダーではありません。フラッシュメモリレコーダーは動力機構不使用で「小形」「修理が少ない」「低電力」「長寿命」「動作音0」「振動影響0」「劣化0」という世界初の利点から、日本人はフラッシュメモリの大容量化を進め、ついに、平成12年に、⑯「SDカード」と⑰「SDカード読み取り書き込み装置(SDカードレコーダー)」を創造。世界初⑯は日本人の会社の東芝キオクシアが創造、世界初⑰は「東芝MEA110AS」です。世界初⑯の容量は32Mバイト、しかし、2Mバイトの16倍の容量、容量を16倍にしたことは素晴らしい技術です。この素晴らしい技術はカセットテープの時代に90分カセットテープの容量が16倍の1440分テープになったことを想像したら実感できるでしょう。1つのテープに1440分も録音できると1つのテープに4分の曲を360曲も録音でき、1つのテープに360曲も録音できると「テープを交換しなくていい」「あとどの位録音できるだろうという心配がない」のはいいですが、テープレコーダーは瞬間移動できないから聴きたい曲を出すのが大変です。フラッシュメモリレコーダーは一体どういう仕組みになっているか不思議ですが、フラッシュメモリレコーダーは1曲目の次は180曲目を聴きたいと思い180曲目の項目を押した瞬間に180曲目に移動します。⑯は⑥や⑪より大容量だけではなく、⑯は⑥や⑪より小容積ということも素晴らしい技術です。このように、FeliCa登場の平成9年1997年前後はフラッシュメモリレコーダー(ICレコーダー)の飛躍の時だったことから、FeliCaはフラッシュメモリを応用したと思います。今、世界各国のオーディオ会社が製造販売しているポータブルオーディオは、ポータブルCDプレーヤー以外はみんなフラッシュメモリレコーダーと書いてなくてもフラッシュメモリレコーダーです。フラッシュメモリも日本人の発明、昭和18年1943年5月8日誕生の舛岡富士雄の発明です。実は、スマートフォンもフラッシュメモリレコーダーです。なぜなら「インターネットで受信して視聴」と「ラジオで受信して聴く」は同じではなく、ラジオは受信しているものをメモリに記録しながら再生はしませんが、インターネットは検索して受信しているものは全てメモリに記録しながら再生していて、このメモリがフラッシュメモリだからです。ディスプレイだけでは映像を残すことができない(メモできない)から、日本人はビデオレコーダーとテープやディスクなどのメモリを発明したのですが、スマートフォンでメールや検索で字を入力している時も、②が0.1秒で(ほとんど瞬間で)①の読み取り(再生)と①に書き込み(記録)を行うと同じく、入力した字をほとんど瞬間でフラッシュメモリに記録とフラッシュメモリの再生を行うため、入力した字をディスプレイで見ることができ、入力した字を残すことができます。字もディスプレイに映っているものは全て映像です。インターネットやラジオでもCDの音を聴くことができ、インターネットやラジオで聴くCDの音も素晴らしい音ですが、CDプレーヤーで聴くCDの音はもっと素晴らしい音です。ですから、ポータブルオーディオに録音して聴く時も、インターネットやラジオの音を録音より、CDプレーヤーの音を録音して聴いた方がいい音です。この違いは高級CDプレーヤーではなくてもわかります。CDなどの光ディスクも日本人の発明、昭和14年1939年誕生の米沢成二の発明です。日本人が世界に誇るものは山ほどあります。日本人は平成27年2015年に世界初バックルスマートウォッチ「ソニーwena」を創造。バックルスマートウォッチは「ほとんどのスマートウォッチではない腕時計をスマートウォッチにできる」「腕時計のバックルは手首の内側にあるためほとんどスマートウォッチとわからない」「腕時計の本体ではなく腕時計のバックルに字が出現は世界初で未来感覚が大きい」という世界初の利点を見ることができます。更に、ソニーwenaはFeliCaを搭載、令和2年2020年11月27日登場「ソニーwena第3号WNWーB21A」に搭載のFeliCaはSuicaとしても使用できます。腕時計は昔から小形で利用者がとても多く、腕時計は服の一部、そして、腕時計は体の一部のようなものですから、カードも何も持たなくても乗車や購買ができる時代になったと言ってもいいでしょう。

 

f:id:japanfather:20211217203201p:plain神は夏に葉を翳し涼しさを作る。冬は枝の隙間から日光を翳し暖かさを作る。

 

f:id:japanfather:20220216205459p:plain

 

f:id:japanfather:20220216203512p:plain

 

 今回の写真も皇居の写真です。まるで山の大自然の湖のようにゆったりと時が経つような水面、あるいは、むしろ、時が止まっているような、絵のような光景、そして、写真史で最も繊細な漣と水面の色彩も撮ることができました。神様と先祖は色々な所に素晴らしい芸術を用意しています。

 

 日本父祖発明意匠2021年6月23日「フィラメントLEDと完全電球形LED電球も日本人の発明」完成しました。最高の色彩の月の写真も新規掲載。日本父祖発明意匠2021年6月23日「フィラメントLEDと完全電球形LED電球も日本人の発明」はこのように検索しても出ないですが、右のアーカイブの2021年6月の所からご覧頂くことができます。

 

f:id:japanfather:20211101061046p:plain

 

 外国人は日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の首相や国会議員や県議会議員になることはできません。
 外国人は日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本人の会社に何十年勤務しても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本人の会社の社長や所長や部長などの責任者になることはできません。
 外国人は日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本で生まれても祖父の代から日本に住んでいても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本人に見た目が似ていても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の日本人用の学校の先生になることはできません。
 外国人は日本に帰化しても日本の日本人用の学校の校長や教頭などの責任者になることはできません。外国人は日本に帰化しても日本の出入国管理局の職員になることはできません。
 帰化してもなることができない理由は侵略の為の帰化であることも考えられるからです。日本に帰化したら全て純粋な日本人と同じことができるようになるわけではないのです。首相や国会議員や県議会議員になりたい外国人は自分の国に住んで自分の国の首相や国会議員や県議会議員になって下さい。フィリピンの国会にロシア人の国会議員がいるでしょうか。ロシアの国会にフィリピン人の国会議員がいるでしょうか。イギリス人とアメリカ人は見た目が似ていてもイギリスの国会にアメリカ人はいないですしアメリカの国会にイギリス人はいません。国会は国際交流の会ではありません。でも首相や国会議員をやることが人間として最も価値のあることではないのです。
 ソニーにパナソニックの社員がいるでしょうか。パナソニックにソニーの社員がいるでしょうか。1年2組の教室に1年3組の生徒がいるでしょうか。1年3組の教室に1年2組の生徒がいるでしょうか。あなたは1年3組の生徒だから1年2組の教室で学ぶことはできませんということを差別と言う人がいるでしょうか。自分は好きで1年3組の生徒になったのではないとしても1年3組以外の生徒になることはできないのです。自分は好きで佐藤家に生まれたのではないとしても佐藤家以外の人になることはできないのです。他の学校に転校したら1年3組以外の生徒になることができたり他の家の養子になったら佐藤家以外の人になることができますが以前は1年3組の生徒だったということや以前は佐藤家の人だったということは変えることができないのです。
 どこの国の人も自分の国ではない国に入る時はパスポートを提示し国籍を提示しないと入ることができません。自分の国ではない国から自分の国に入る時もパスポートを提示し国籍を提示しないと入ることができません。国籍を提示は差別だと言っても国籍を提示しないと入ることができません。
 日本の組織に外国人が侵入しないように議員や教員や店員などの全ての職員の国籍をパスポートもしくは戸籍謄本で確かめましょう。創業者の子孫ではない社長の国籍も確かめましょう。創業者の子孫でも養子の場合は国籍を確かめましょう。結婚においても相手の国籍をパスポートもしくは戸籍謄本で確かめましょう。