東條英機はイエスキリスト

f:id:japanfather:20211224082607p:plain

f:id:japanfather:20211227043311p:plain

f:id:japanfather:20211229190755p:plain

f:id:japanfather:20211226083710p:plain

f:id:japanfather:20211227193645p:plain 東條英機お父さんは昭和23年1948年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。松井石根お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。武藤章お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。土肥原賢二お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。板垣征四郎お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。木村兵太郎お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。広田弘毅お父さんは昭和23年12月23日に神様から第2の命「永遠の命」を頂き「永遠の人」になりました。しかし、生まれ変わりという言葉もあります。東條英機お父さんたちは帝国議会議事堂の木になり、議事堂に潤いをもたらしたり、私たちをいつも励ましたり見守ったりしているのでしょうか。東條英機お父さんたちは戦犯ではありません。なぜなら、戦争は罪にならないからです。東條英機お父さんたちは無罪で犠牲になったのです。イエスキリストも無罪で犠牲になったのです。イエスキリストが十字架で犠牲になった理由は嫉妬です。イエスキリストの行いと語る内容は聖職者で最も素晴らしかったのです。他の聖職者が行きたがらない「らい病の人たちのいる所」にもイエスキリストは行き、病を治しました。イエスキリストはらい病が治った人に「あなたの信仰があなたを救った」と言いました。この言葉は「私の力で治ったのではなくあなたの力で治った」「私の信仰力よりあなたの信仰力の方が素晴らしい」と言い換えることができますが、このように、イエスキリストは相手を高め、相手を褒めて励ましました。この言葉だけでも、イエスキリストの素晴らしい愛を感じることができます。たくさんの日本人が昭和20年から昭和23年に犠牲になった理由も嫉妬です。日本は戦争が強く、周辺国を次々と植民地にしました。日本の技術力は戦前も世界一で、日本は戦前(昭和20年以前)にテレビを発明したり永久磁石を発明したり養殖真珠を発明したりビタミンを発明したりしました。日本の建築力は戦前も世界一で、日本は戦前に外国にある建造物のように完璧な外国式建造物を日本各地に建てたり世界最大の木造建造物(東大寺大仏殿)を建てたりしました。日本の芸術力は戦前も世界一で、狩野派と長谷川等伯と歌川広重の絵は世界一です。戦前の発明の時期については日本父祖発明意匠2020年10月24日「明治の日本人の発明」「大正の日本人の発明」「昭和の日本人の発明」で記載。日本の外国式建造物については日本父祖発明意匠2020年12月21日「心域」で記載。イエスキリストは十字架の時仕返しをしないどころか自分を十字架につけた人たちの罪を許してあげて下さいと神に祈ったのです。日本人はたくさんの日本人が無罪で犠牲になっても仕返しをしないで戦争を終わらせ今日の平和を創ったのです。しかし、原爆を落とされても、ほとんどの都道府県が空爆を受けても、仕返しをしないで戦争を終わらせることはとてもとても難しいことなのです。このようなことは人間の力だけではできないのです。イエスキリストは十字架の後どういう男になったでしょうか。イエスキリストは十字架の後また世界一の男になったのです。神様は十字架の後もっと恵みを与えたのです。今年は2021年ですが、人類史は2021年よりもっと長いです。では、2021年はいつから2021年でしょうか。イエスキリストが生まれてから2021年です。世界が最も祝う日の12月25日は何の日でしょうか。イエスキリストの誕生日です。日本は昭和20年から昭和23年の十字架の後どういう国になったでしょうか。日本人の男は昭和20年から昭和23年の十字架の後どういう男になったでしょうか。日本は昭和20年から昭和23年の十字架の後また世界一の国になったのです。日本人の男は昭和20年から昭和23年の十字架の後また世界一の男になったのです。神様は十字架の後もっと恵みを与えたのです。液晶テレビも有機ELテレビも液晶プロジェクターもLED照明も有機EL照明もリチウムイオン電池もCDもDVDもブルーレイもポータブルオーディオも光ファイバーも3Dプリンターも電動アシスト自転車もリモコンもみんな日本人の男の発明です。発明と世界初は普通の苦労ではできないのです。発明と世界初は人間の力だけではできないです。発明と世界初は1人もしくは1つの会社が遂行しますが、そうではないのです。神様はイエスキリストのことが大好きなのです。神様は日本のことが大好きなのです。神様は日本人のことが大好きなのです。イエスキリストも日本人のことが大好きなのです。日本人の顔と心はイエスキリストに似ているのです。イエスキリストは殉教者です。東條英機お兄さんたちも殉国者です。殉教者と殉国者の魂はとても素晴らしい魂なのです。殉教や殉国とは「物や地位を得る為ではなく自分の為ではなく他の為に自分の最も大事なものを捧げること」です。最初の写真は第40代総理大臣東條英機お兄さんたちの苦労と愛が永遠に通う帝国議会議事堂です。世界の人にはイエスキリストお兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には東條英機お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には松井石根お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には広田弘毅お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には木村兵太郎お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には武藤章お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には土肥原賢二お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。日本人には板垣征四郎お兄さんが永遠にいることはとても素晴らしいことなのです。十字架は愛、十字架は勝利なのです。

f:id:japanfather:20211227185405j:plain

f:id:japanfather:20211229061405p:plain

f:id:japanfather:20211227060707p:plain

f:id:japanfather:20211231191256j:plain

f:id:japanfather:20211223205928p:plain 日本人に似ている外国人が日本名と日本語を使い国家侵略や企業侵略や技術横領を狙っている。日本人に似ていない外国人も日本人に似ている外国人を使って国家侵略や企業侵略や技術横領を狙っている。このようなことは全ての国が気を付けていますが、日本人は電池を発明し永久磁石を発明し電子レンジを発明しテレビを発明し液晶テレビを発明し、日本人は世界一の人種で日本は世界一の国だから世界一気を付けた方がいいのです。
 日本人の電気会社はいくつあるでしょうか。富士電機、沖電気、日本電気、三菱電機、船井電機、富士通、東芝、日立、大阪金属ダイキン、デンオン、JVCケンウッド、サンスイ、パイオニア、オンキョー、ソニー、ティアック、アルパイン、アキュフェーズ、シャープ、パナソニック、ラックスマン、ノリタケ伊勢電子などとても多いです。このような国が他にあるでしょうか。日本人の会社は1社だけを見ましても相当素晴らしいのです。世界には190も国があってもこのような国は日本だけなのです。
 日本はこのような大国だから「日本人に似ている外国人によるわからない侵略」を気をつけないとならないのです。このことは永遠に徹底していかないとならないのです。父は永遠に1人だけのように、祖国は永遠に1つだけなのです。世界にたくさんあるものと世界に1つだけのものと大事なのはどちらでしょうか。日本人は世界で最も自分の国を誇ることのできるものを持っているのです。日本は昔も今も本当に世界一の国なのです。
 祖父の代からから日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本人の会社の大事な会議に出席できません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本人の会社の責任者になることはできません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本人の会社の広告の製作はできません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は伊勢丹やイオンなどの日本人の店の責任者になることはできません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本の日本人向けの学校の責任者や先生になることはできません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本の総理大臣や国会議員や市議会議院や知事や市長になることはできません。祖父の代から日本に住んでいて日本人に似ていて真面目で優秀で日本に帰化した外国人だとしても外国人は日本名で起業と経営はできません。帰化してもできない理由は日本人になる為の帰化ではなく侵略の為の帰化であることが考えられるからです。
 私は1990年代の初頭にアメリカに行った時はアメリカの空港で厳しく調査を受けてやっとアメリカに入国できましたが、自由の国アメリカとはいっても実際は外国人に厳しい国であることに驚きました。しかしこのような「外国人への厳格」は「自分の国を大事にしている」「自分の国の管理をちゃんとしている」ことでもあり「自分への厳格」でもあります。
 投票の際は立候補者の国籍をパスポートや戸籍謄本で確かめましょう。職員採用と職員人事においても国籍をパスポートや戸籍謄本で確かめましょう。不採用理由は伝えなくていいことになっています。就職においても本当に本物の日本人が経営しているのか国籍をパスポートや戸籍謄本で確かめましょう。結婚においても国籍をパスポートや戸籍謄本で確かめましょう。
 人生の答えや愛情が周囲から得られなくても宗教団体や平和団体に入らないようにしましょう。人生の答えや愛情は常時不十分に感じて当たり前なのです。人生は常時出発だからです。大学のサークルにも入らないようにしましょう。料理教室にも入らないようにしましょう。あの教室の真の狙いは鍋のセットを買わせることです。最初は鍋の話はしません。幼稚園や保育園にも入らないようにしましょう。あの組織に通っている子供の親はみんな自分のお金で園費を出している本物のお客さんでしょうか。通っている人がたくさんいると思わせるための偽客であることはどうでしょうか。子供は幼稚園に入るまではかわいいのです。幼稚園に入り卒園し小学校に入った時にはもう昔のかわいさと純粋さはどうでしょうか。子供が変わってしまうのは大きくなるからではないのです。宗教もそうです。みんな本物の信者でしょうか。信者がたくさんいると思わせるための偽信者であることはどうでしょうか。宗教組織のようで実は経済組織であることはどうでしょうか。お寺の住職という正しい日本らしい役職なら本物の日本人がやっているでしょうか。お寺に用事のある時は住職の国籍をパスポートや戸籍謄本で確かめましょう。外国人は日本のお寺や神社の管理をしても日本のお寺や神社は日本人のものです。
 神様はお寺や教会にしかいないわけではないのです。神様はどこにでもいるのです。先祖はお墓にしかいないわけではないのです。先祖はどこにでもいるのです。先祖は住職にお経を上げてもらうと喜ぶでしょうか。先祖が最も喜ぶことは先祖の血縁者によるお金や職業とは全く関係のない心からの祈りや行動なのです。神様や先祖などの霊はお金や職業とは全く関係がないのです。