バックグリル自動車も日本人の発明

 



 

 

 

 

 

 

    豊田佐吉レクサスLFAは後ろの意匠が世界で2番目にかっこいい。後ろの意匠が世界で1番目にかっこいい自動車はカウンタックLP400。レクサスLFAは世界初バックグリル自動車。グリルネットが前ではなく後ろにあるからフロントグリルではなくバックグリル。レクサスLFAは後ろの意匠だけではなく前の意匠と横の意匠も全く新しい。前は三角形がたくさんある意匠。横は小さい曲線のある意匠。前の意匠と横の意匠もかっこいいが後ろの意匠と合っていないからかっこよさが活きていない。レクサスLFAは大きくて左右に下に流れるようなバックライトとバックグリルが一体の部分が最高にかっこいいから前の意匠と横の意匠をこの部分に合わせた意匠にしていたり個性が少ない意匠にしていたら世界で1番目にかっこいい自動車になっていた。世界で1番目にかっこいい自動車は豊田佐吉トヨタ3代目センチュリー。3代目センチュリーはスポーツカーではないがどのスポーツカーよりもかっこよくスポーツカーのような雰囲気も持っている俳優で演出者。クロムメッキで塗装して光らせても3代目センチュリーの輝きには勝らない。3代目センチュリーの水のような深みのある美しい輝きは日本人の心の深さ。日本人の心の美しさ。日本人は世界に誇ることのできるものをいくつ持っているだろう。乗り物で世界で1番目にかっこいいのは日本リニアモーターカー初代L0系。世界で1番目にかっこいいだけではなく世界で1番目に速い。日本リニアモーターカー初代L0系のかっこよさにイタリア人も驚いていることだろう。意匠というものは何かを施したり着飾ったり個性があったらかっこよくなるものではないことが日本リニアモーターカー初代L0系とレクサスLFAからよくわかる。しかしリニアモーターカー初代L0系は乗り物の分野だけではなく全ての分野において人類が創造したもので1番の意匠。

掲載した日本建築は靖国神社の神池庭園にある靖泉亭。靖泉亭は外国建築にはない細い柱と細い柱に合わせたような細くて長い木々がかっこいい。建物入口で迎え待つ写真左の1本松は大きさが建物の大きさとこの位置にぴったり合っていてこの位の大きさの松でも細いのが珍しいし松ならではの曲がった部分もあるし葉の部分は雲のようにふわっとしていて非常にかっこいい。灯籠の後ろにある葉蘭もお洒落。靖泉亭は世界で1番目にかっこいい小建築。日本の小建築はログハウスやツリーハウスのように自然に溶け込むがログハウスやツリーハウスとは違いしっかりとした品格を持っていて山ではなくてもどこでも山のような雰囲気を作る。